HOME  >  投資顧問  >  投資運用リスク

投資運用リスク

投資リスクについて

  • ・お客様のために行う取引については、株式、新株予約権付社債、公社債等の有価証券に投資しますので、国内外の経済・政治情勢、金利変動、発行体の業績や財務状況等の変化の影響により、投資した有価証券の価格が下落し、損失が生じるおそれ(外国証券は、為替相場の変動等により損失が生じるおそれ)があります。
  • ・信用取引やデリバティブ取引を行う場合は、差し入れた証拠金等の金額以上の取引を行う可能性があるため、原資産となる有価証券や指数等の価格変動により、差し入れた証拠金等を上回る損失が生じるおそれがあります。また、デリバティブ取引等の額の証拠金等の額に対する比率は投資方針や市場の動向等により変化するため、その比率を事前に示すことができません。
  • ・リスクについての詳細は、契約締結前交付書面をよくご覧ください。

重要な注意事項

  • ・この資料は、いちよしアセットマネジメントの概要、経営の方針・手法など総合的な情報の提供を目的としたものであり、個々の投資家(お客様)の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。
  • ・この資料は、いちよしアセットマネジメントが信頼できると判断した情報源からの情報に基づいて作成されたものですが、過去から将来にわたって、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ・この資料の運用コンセプト・内容等は、すべて作成時点でのいちよしアセットマネジメントの判断であり、今後予告なく変更されることがあります。
  • ・投資一任(助言)業務による有価証券投資は、価格の変動により、または発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、損失が生じるおそれがあります。投資運用によって発生する損益はすべてお客様に帰属します。したがって、預貯金とは異なり投資元本が保証されているものではなく、一定の運用成果を保証するものでもありません。
  • ・この資料は、いちよしアセットマネジメントが作成し、提供するものです。未許可での使用、複製の作成や発表は法律で禁じられております。

ページトップ